ビタミンB12 6つの効果

スポンサーリンク

ビタミンB12の効果とは

ビタミンB12は、ビタミンB群の1つで、水に溶ける性質を持っています。

 

貧血を防ぐ事ができる効果を持っています。
貧血気味の方や妊婦さんは、ビタミンB12を摂取しておくと良いです。

 

また、悪性貧血というものがありまして、赤血球が少なくなると、起きる症状なのですが摂取する事で改善効果が見られます。

 

ビタミンB12と葉酸をまとめて摂取する事で、綺麗な赤血球を作る効果もあります。

 

このビタミンが不足してしまうと

 

ビタミンB12 効果頭が痛くなってしまう症状。
ビタミンB12 効果くらくらめまいがしてしまう症状。
ビタミンB12 効果動悸が激しくなってしまう症状。
ビタミンB12 効果息切れが起きてしまうなどあります。

 

ビタミンB12は核酸という、神経細胞にの合成や修復する時に欠かせない存在です。

 

核酸だけじゃなく、たんぱく質や脂質をサポートしてくれるのです。

 

そういった部分をサポートしたり修復する事で、神経細胞を維持する効果があります。

 

 

他にも、集中力を高める事ができ、記憶力の向上効果もあります。仕事や学業で集中力が必要なのに、うまく機能していない時に摂取すると良いです。

 

 

人間関係がうまくいかなかったり、仕事で失敗してしまったりすると精神的不安の症状が起きてしまう人もいますよね?

 

 

ビタミンB12を摂取すれば、精神安定や運動機能を改善する効果もあります。海外旅行へ行き、時差ボケをしてしまう方もいるでしょう。ビタミンB12を摂取する事で、時差ボケや不眠症も解消できます。

 

 

 

年齢を重ねると、腰痛になってしまう人もいます。腰痛の改善にもビタミンB12は欠かせません。

副作用について

ビタミンB12を摂取する事で副作用はあるのか?

 

これから摂取しようとしている人にとっては気になる点でしょう。

 

酢酸ヒドロキソコバラミン製剤の場合は、副作用はほとんどありません。しかし他のビタミンB12製剤は、副作用がないとは言えません。

 

 

過敏症状になってしまう恐れがあります。

 

 

これは、体中にボツボツができてしまう事(発疹)。全身が痒くなってしまう症状があり得ます。

 

 

もし、このような症状が出てきてしまった時はすぐに服用をやめましょう。そして病院で診察を受けるようにしましょう。

 

 

他にも、食欲不振になってしまう可能性があります。

 

 

ひどいと吐き気が出てくる場合もあるので、注意しましょう。下痢も起こりやすいので、服用している時に少しでも体に悪い変化が起きたら止めます。

 

 

そしてお近くの病院へ行きましょう。

 

 

1日もしたら、治っているだろうと思って病院に行かない人がいらっしゃいますが、それは絶対にいけません。

 

 

何かあってからでは遅いので、症状が出たら予約を取っていなくても診察は受けられますから行きましょう。

 

 

まずビタミンB12で副作用が起きる事はありませんが、注意すべき事があります。

 

 

 

決められた量も摂取するようにしてください。1日3回3錠と書かれているのにもかかわらず、それ以上服用するのは絶対にやめてください。

 

 

量を守らずに服用していると、副作用が起きてしまう可能性は高くなります。大量に摂取する人は、定期的に検査を受けた方が良いです。

スポンサーリンク